제목   |  秋が危険! スズメバチで例年20人死亡事故 身を守るための5つの対処法 작성일   |  2019-10-04 조회수   |  142

 

 

 

 

 

秋が危険! スズメバチで例年20人死亡事故 身を守るための5つの対処法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、山に校外学習へ行った児童と教員ら約20人がスズメバチに襲われる事故が発生した。ドングリを拾おうと森に入ったと同時にハチに襲われたとあるが、おそらく地面に巣を作るハチを刺激してしまったのだろう。命に別状はなかったことは幸いだったが、アレルギー反応の一種、アナフィラキシーショックで命を落とす報告が毎年後を絶たないだけに、油断はできない。

都会でもハチの事故は起こりうる
 世界最大のハチであり非常に攻撃性の高いオオスズメバチ、またクロスズメバチの仲間は地中に巣を作る。そのため、気がつかず誤って巣に近づいてしまい刺されたという事故は、野山では珍しいことではない。また近年、キイロスズメバチは野山だけではなく街中にも進出しており、ちょっとした散歩、サイクリングの際に刺される事故が増えている。

 特にアウトドアを楽しむ人が増加する9月から10月は、スズメバチの巣が最も大きくなり、新しい女王バチの冬ごもりに向け神経質になるシーズンだ。

 安全にアウトドアを楽しむためにも、ハチに刺されないためにはどうすれば良いか。山や畑、公園などの生息域に入る際の予防策を、ハチの事故対策を進めてきた医師の小川原辰雄さんの著書『人を襲うハチ 4472件の事例からの報告』(山と溪谷社刊)から紹介する。

ハチに刺されないための5か条
(1)午前中の作業を避ける
 スズメバチ類の活動はほぼ午前中に集中しているので、なるべくこの時間帯は避ける。

(2)ハチを興奮させない
 巣の近くで大声を出す、近づいてきたハチを手で追い払うなどの行動はハチを興奮させる。巣を見つけた場合は絶対に近づかず、ゆっくりと来た道を戻る。

(3)ハチに刺されにくい服装で歩く
 長袖長ズボンの着用、帽子をかぶるなど、とにかく肌を露出しない。また黒色の服を避け、攻撃対象となりにくい白色の服を着る。素材は木綿製ではなく、ハチが止まりにくいナイロン製のスベスベしたものが良い。

(4)ヘアスプレー、香水をつけない
 こういった化粧品などの匂いにハチは大変敏感である。女性が刺されやすいのはこのためであると言われている。

(5)清涼飲料水を飲まない
 砂糖を含んだ飲料水にはハチは好んで寄ってくる。持っていく飲み物は水やお茶が良いだろう。

 もはや「ハチは野や山の昆虫である」とは言えなくなってきている。特に、一度でもハチに刺されたことがある人は、アナフィラキシーショックの危険性が高い。内科医に相談して「エピペン」など緊急対策用の自己注射薬を持ち歩くなどの検討も必要だろう。

これからの季節、ハチを刺激しないように万全の策でアウトドアを楽しみたい。

 

 

 

 

 

 

 

リンク:https://news.yahoo.co.jp/pickup/6338449

 

 

 

 

 

 

[単語]

 

 

 

 

 

1.後を絶たない:あるものの出現が途絶えることがない。
2.油断:たかをくくって気を許し、注意を怠ること。
3.アウトドア:屋外。野外。
4.神経質: 情緒的に不安定で、わずかなことにも過敏に反応して自分を病的な状態だと思い込む気質。細かいことまでいちいち気に病むさま。
5.生息域(せいそくち):生物が主に生息する区域を指す。

 

 

 

 

 

 

인쇄하기