제목   |  「専業主婦」VS「共働き」両者ママたちの、それぞれの本音や不満とは? 작성일   |  2019-09-09 조회수   |  123

 

 

 

 

 

 

「専業主婦」VS「共働き」両者ママたちの、それぞれの本音や不満とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

                       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「子どもが成長すれば忙しさが落ち着くと思いきや、学校行事に追われるようになった」というママも少なくありません。とくに共働き世帯の場合、個人面談やPTAなどに参加する時間はなかなか確保しにくいのが現状でしょう。

多忙な日々を過ごしていると、「専業主婦の方が楽なのかも」と感じることもあるのではないでしょうか。そこで今回は、専業主婦と共働きそれぞれの立場のママに、本音や不満を話してもらいました。

専業主婦と共働き、両者の考えは?
2019年4月にソニー生命保険㈱が公表した「女性の活躍に関する意識調査2019」をもとに、女性たちの考えを探ってみましょう。

まずは、全回答者(1000人)のうち専業主婦(269人)の意見をみていきます。「現在の生活に満足している」という問いには、56%が「そう思う」と回答。しかし、「本当は外に働きに行きたい」という質問には32%が「そう思う」と答えいます。

さらに、「専業主婦は苦労が多いと思う」には54%の人が「そう思う」と回答しました。孤独感がある、働きたいのに働けない事情を分かってもらえないなど、専業主婦ならではの悩みを抱えているケースも少なくないようです。

続いて、有職女性(619人)の意見を聞いてみましょう。「現在の生活に満足しているか」という質問には、51%の人が「そう思う」と答えました。しかし、「本当は専業主婦になりたいか」という質問には37%が「そう思う」と答えています。

こうみると、どちらの立場も過半数が現状に満足しているものの、3割ほどの人は違った生活を望んでいるようです。

学校行事に悩むママたち
忙しいママたちに追い打ちをかける、学校行事の存在。「専業主婦なら時間に余裕があるから大丈夫」というイメージがありますが、実際はそうとも限らないようです。それぞれの本音をうかがってみました。

【共働きママの本音】
・「とくに一学期の終わり頃は、イベントが多くてヘロヘロです。休日に出勤し、平日に休みを取らなければなりません」
・「ただでさえ仕事で忙しいのに、授業参観や保護者会に行かなければならない。専業主婦の人が羨ましいです」
・「学校行事だからといって、簡単に休めるわけではありません」

【専業主婦ママの本音】
・「『うちは仕事で忙しいから』と任務を任されるけど、さすがに毎回はどうかと思います」
・「生活スタイルが違うだけで、暇というわけではないんです」

どちらの立場でも、それなりの不満を抱えているようです。働いているママは学校行事の多さに対する不満が多い一方、専業主婦のママは負担を押し付けられることに不公平感を持っているケースが目立ちました。

 

 

 

 

 

 

 


リンク:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190909-00013258-toushin-life

 

 

 

 

 

 

 

 

[単語]

 

 

 

 

 

 

1.PTA:日本におけるPTA(ピーティーエー、英語: Parent-Teacher Association)とは、各学校で組織された、保護者と教職員(児童を含まない)による社会教育関係団体のことである。
2.多忙:非常に忙しいこと。
3.本音:本心からいう言葉。
4.苦労:精神的、肉体的に力を尽くし、苦しい思いをすること。
5.追い打ちをかける:逃げていく者を追いかけて討ち取ること。弱っているところに重ねて打撃を与え、さらに厳しい状態に追いやること。
6.ヘロヘロ:弱々しく威力のないさま。
7.不公平:公平でないこと。片寄りがあること。

 

 

 

 

 

 

 

인쇄하기