제목   |  全国「犯罪多発ランキング」自動車盗難ワースト4連覇は茨城県 작성일   |  2020-03-26 조회수   |  355

 

 

 

 

 

 

 

全国「犯罪多発ランキング」自動車盗難ワースト4連覇は茨城県

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春の引っ越しシーズンがやってきた。引っ越し先を選ぶ際に、当然気になるのは、“街の治安” だろう。だが、同じ市区町村の中でも、地区によって雰囲気がガラッと変わるところも多く、街の治安は「住んでみないとわからない」というのが実情だ。

 

「軽微な犯罪を放置する場所では、やがて凶悪な犯罪が発生する可能性があります」

 

 元神奈川県警刑事で、犯罪ジャーナリストの小川泰平氏(59)は、そう警鐘を鳴らす。つまり、身近な犯罪が多い地区は、“危険が潜む街” なのである。

 

 そこで本誌は、各都道府県警察が公開している、2018年に発生した窃盗事件の一覧データを入手。そのなかから、「自動車盗」「車上狙い」「自動販売機狙い」「ひったくり」の4種について、発生件数を独自に集計し、身近な犯罪が多発する “危険な街” をランキング化した。

 

 自動車盗では「つくば市東新井」が、車上狙いでは「那珂市菅谷」が、ともにワーストとなった茨城県。

 

 県警生活安全総務課に問い合わせると、こう回答があった。

 

「なぜ、その地区で多発しているのか不明です。県全体での自動車盗の発生件数も、4年連続全国ワースト1位です。住民の方々に対策を取ってもらうよう広報しています」

 

 自動販売機狙いでは、「埼玉県狭山市柏原」がワースト1位だった。

 

「最近の自動販売機は防犯カメラがついているものが多く、ランクインしているのはカメラのない古い自動販売機が多い地域では」(小川氏)

 

 ひったくりのワースト1位は、「千葉市中央区新宿2丁目」だった。これについて県警広報県民課は、こう回答した。

 

「同一犯によるひったくりが、連続発生したことが原因です。2018年10月に犯人を逮捕しています」

 

 だが小川氏は、地域の防犯意識との関連をあげて、こう指摘する。

 

「ひったくりが起きた際に、防犯情報をメールで送るなどの対策を取っている地域は、件数が少ないはずです」

 

 被害を防ぎ、地域の治安を守るために、防犯意識を高めていきたい。

 

 

 

 

 


リンク:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200326-00010001-flash-peo

 

 

 

 

 

 

[単語]

 

 

1.盗難(とうなん):金品を盗まれること。
2.ワースト:【worst】最低。最悪。
3.連覇(れんぱ):続けて起こること。
4.ガラッと変わる:今までの様子とは全く違った様子に変化すること。
5.潜む(ひそむ):ひそかに隠れる。隠れて静かにする。
6.窃盗(せっとう):)他人の財物をひそかに盗み取ること。また、盗みをする人
7.ひったくり:路上などで不意を襲って人の持ち物を奪い取り逃げること。

 

 

인쇄하기