제목   |  森保監督、東京五輪の1年程度先延ばしに理解「延期になったとしても…」 작성일   |  2020-03-25 조회수   |  365

 

 

 

 

 

 

 

 

森保監督、東京五輪の1年程度先延ばしに理解「延期になったとしても…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長と安倍晋三首相は24日、電話で会談。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今夏に開催予定だった東京五輪を1年程度延期することで合意した。これを受けて、日本サッカー協会(JFA)が森保一監督のコメントを発表した。

 

 7月24日に開幕を予定していた東京五輪は、新型コロナウイルスの世界的な流行を受けて、IOCと日本間で開催時期の見直しが行われ、1年程度の延期で意見が一致。遅くとも2021年夏までに開催することで合意した。

 

 男子代表では新型コロナの影響で3月に予定していた強化試合の中止を発表するなど、多大な影響が出ていた。

 

 今回の発表を受けて森保監督は以下のようにコメントしている。

 

「人々の命と健康があってこそのオリンピックだと思っています。延期になったとしても、大会までの一回一回の活動に最善を尽くすことに変わりはありません。各活動を充実させて、東京オリンピック開催時によりパワーを持って臨めるよう、これまで積み重ねたものをさらに積み上げていきます。世界中の人々に平穏で当たり前の日常生活が戻るよう、この状況が収束を迎えることを願っています。選手・スタッフをはじめ、開催準備のために多くの方がご尽力されてきたと思いますが、今後とも、粘り強く、大会成功に向けてともに頑張っていきましょう」

 

 

 

 


リンク:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200325-00010016-goal-socc

 

 

 

 

 

[単語]

 

 

 

1.先延ばし(さき‐のばし):物事の処理・解決や期限などを、先に延ばすこと。
2.会談(かいだん):会って話し合うこと。また、その話し合い。
3.見直し(みなおし):見直すこと。もう一度改めて見ること。
4.臨める(のぞむ):向かい対する。面する。

 

 

 

 

 

인쇄하기